Now Playing Tracks

tkr:

こうぜい — TDC Tokyo 2014タイプデザイン賞受賞!美しい手書き仮名書体がついに発売開始 - フォントブログ

InDesignやIllustratorのようなOpenType機能を使用できるアプリケーションを用いて、例えば「うつくしい」と入力すると…

なんと!一文字一文字入力するたびに、文字が変化してつながっていくではありませんか。前後の文字によって字形が変わる機能が備わっています。これはすごいですね。

放送業界OBの人の話を聞くと、セカンドスクリーンの概念がまったく違うことに愕然とした。 まだ現状をまったく理解していないからだ…。 セカンドスクリーンとは、あなた側のことを言っているのに…。

ファーストスクリーンは、スマホやタブレット、ファブレットである。 そして、臨時ニュースや時間の流れ、共通のコモンセンスを知るためにセカンドスクリーンのテレビを視聴する。

【ファーストスクリーンの奢り】… - Toshiaki Paul Kanda (via otsune)

確かに随分前から自分にとってテレビはセカンドスクリーンだわ。

(via highlandvalley)

かつて彼は、『ブレードランナー』のメイキングのインタヴューで、こう答えたことがあった。「脚本には、デザイナーへのオーダーリストが凝縮されている。」デザイナーといえば、とにかく斬新な輪郭を描けばいいものだと思っていた。衝撃をうけた。あくまで、監督や社会のオーダーに答えるのがデザイナーなのだ。
シド・ミードと巡る、過去と未来をデザインでつなぐクエスト « WIRED.jp (via tatsukii)

tkr:

119 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2014/02/22(土) 11:54:08.37
「ハバネロ」「年金」「デュクシ」
一見なんの関連性のないこれらの語ですが、
繋げて何度か声に出して読むととある有名漫画のタイトルが浮かび上がってくるのです

[謙虚さがなくなる兆候]
・時間に遅れだす
・約束を自分のほうから破りだす
・挨拶が雑になりだす
・他人の批判や会社の批判をしだす
・すぐに怒り出す
・他人の話を上調子で聞きだす
・仕事に自信が出てきて、勉強をしなくなる
・ものごとの対応が緩慢になる
・理論派になりだす
・打算的になりだす
・自分が偉く思えて、他人が馬鹿に見えてくる
・目下の人に対して、ぞんざいになる
・言い訳が多くなる
・「ありがとうございます」という言葉が少なくなる

image

(via mmgen)

27 :名無しさん@12周年:2012/05/28(月) 13:02:16.97 ID:PdnETpCC0
一応日本国内の外資系で働いていた者としての意見だが、日本ではToDoリストを作っても、自分の仕事が終わったら同じプロジェクト内で仕事の滞っている人から、仕事を一部引き取って負荷分散することが多いので、あまり意味が無い上に仕事の能率の早い人ほど結果的に仕事が集中することになる

ToDoリストを有無が問題なのじゃなく、日本的な仕事の仕方に問題があると思う
未定なブログ 「ToDoリスト」を作らない日本人 日本は「拘束時間が重要」「ヒマさえあれば仕事」 (via mug-g)
food-calenra:

簡単!アボカドとツナのサラダ - 1ヶ月2万円の節約レシピ (マイティのブログ)
【材料】2人分 アボカド・・・1個 ツナ缶・・・40g(小1/2缶) 玉ねぎ・・・1/4個 ★マヨネーズ・・・大さじ1 ★ライム汁・・・小さじ1 ★塩、こしょう・・・各少量 【作り方】 1.アボカドは縦に割り、種を取りスプーンなどで中身をすくいボウルへ移す。 2.玉ねぎは薄切りにして水にさらしておく。 3.1に水気を切った2、★印の調味料を加えてスプーンでアボカドを荒く潰しながら和える。 4.アボカドの皮に盛りつけ、お皿にのせる。
Zoom Info
Camera
Canon EOS Kiss X5
ISO
800
Aperture
f/2.8
Exposure
1/100th
Focal Length
50mm

food-calenra:

簡単!アボカドとツナのサラダ - 1ヶ月2万円の節約レシピ (マイティのブログ)

【材料】2人分
アボカド・・・1個
ツナ缶・・・40g(小1/2缶)
玉ねぎ・・・1/4個
★マヨネーズ・・・大さじ1
★ライム汁・・・小さじ1
★塩、こしょう・・・各少量
【作り方】
1.アボカドは縦に割り、種を取りスプーンなどで中身をすくいボウルへ移す。
2.玉ねぎは薄切りにして水にさらしておく。
3.1に水気を切った2、★印の調味料を加えてスプーンでアボカドを荒く潰しながら和える。
4.アボカドの皮に盛りつけ、お皿にのせる。

大事なのは、自分の強味を次の方程式に当てはめて説明することです。
「Yと比べて、Zをすることで、Xを達成しました」
ほとんどの人が、「ニューヨークタイムズ紙で論説を書いていました」といった履歴書の書き方をします。先の方程式に当てはめるとこうなります。
「ほとんどの記者は平均で6つしか書きませんが、この分野における深い考察の結果として50の論説を書きました」
このように書いたほうが良い。ほとんどの人は履歴書に適切な情報を入れていないのです。
Googleの人事担当者が教える「履歴書の方程式」 : ライフハッカー[日本版] (via shnkb)
To Tumblr, Love Pixel Union